甘党なのに頭が働かなくなった?

最近になって気がついたのですが、甘いモノを食べるとどうも頭の働きが鈍くなるような体になってしまったようです。というのも、この間スーパーで袋サイズのキットカットが150円で売られているのを発見し、5袋ほど一気に買ってボリボリ食べていたのですが、1袋目の中盤ぐらいで突然強烈な眠気に襲われました。休日だったということもあって9時間ほど寝た後だったのですが、まるでキットカットに睡眠薬が仕込まれていたのではないかと疑ってしまうほど動けなくなり、とうとうお昼寝タイムに突入。2時を指していた時計はグルグルと周り、起きる頃には日没10分前ぐらいでした。

最初はチョコが原因だなんて思いもせず、眠くなったのも偶然だったと思ったですが、翌日もキットカットを食べてから睡魔に襲われ、再び入眠。翌朝の出勤前に2パック口にしたら、その日の午前中はどうも頭が重く、効率よく仕事をこなすことが出来ませんでした。このあたりで「もしかしてキットカットが原因なのでは?」と思い、食べるのをやめた上で、今度は板チョコを購入、ポリポリとかじりながら帰宅しました。

しばらくはボーっとテレビを見ていたのですが、そこにまた突然眠気が。せめてシャワーだけでも浴びなければと思い、鉛のようになった体にムチを打ち、ウトウトとしながら洗髪し、バスタオルで体を拭きながらベッドに座り込むと、いつしかそのまま夢の中へ。おかげで出勤4時間前に起床することができ、人生で3回目ぐらいの朝活にも取り組むことが出来ました。

昔はパフェを1人で3個食べたりするくらい甘党だったのですが、今後はそういうこともできなくなりそうです。Googleで検索してみても原因らしきものは特定できなかったので病院に行こうかと思うんですが、これって一体何科にかかればいいんでしょうね…?

ニュージーランドのオークランドの魅力とは?

はじめまして。rainbowhk1024です。

今日は、ニュージーランドのオークランドの魅力とは?ということで、記事を書きたいと思います。

オークランドはニュージーランドの中でも最大の都市で人口は福岡市とほぼ同じくらい、ニュージーランド全体の人口の(450万人)の1/3を占めています。

ニュージーランドらしさを感じるには都市部になっていることもあり、魅力を感じない!と思う人もいるかもしれませんが、僕自身が、オークランドに留学して感じたオークランドの魅力を記したいと思います。

・いろいろな人種の人々にあちこちで会うことができる。

・市内に無料のwifiスポットが多くある。

・高速LTEが非常に発達している。

・海・緑・街のバランスが絶妙である。

・多種多様な人種が住んでいることもあり、1つの通りやショッピングモール街でほぼ生活に必要なものが揃う。

・City of Sailsと言われるほど水が豊かである。

・天気が変わりやすい代わりに虹の街と呼ばれるように、虹を高確率で見ることができる。特に、ダブルレインボーはオークランドで数多く見ることが可能である。

・SIMフリー携帯を購入すれば、オークランド国際空港のVodafoneでプリペイドSIMカードを購入し、即座に携帯電話が使えるようになる。

他にもたくさんの魅力がありますが、とにかく多種多様な人々に合えることが一番のオークランドの魅力です。

今後も機会があれば、オークランドの魅力をダイレクトに伝えていきたいと思っています。